時計の修理は正規メーカーと民間の修理業者どちらに依頼するのがおすすめ?

公開日:2022/04/01

大切な時計が壊れてしまったら、修理を依頼しなければなりません。その際、正規メーカーに依頼するか、民間業者に依頼するかで大いに悩むところです。時計の修理は正規メーカーと民間修理業者、どちらに依頼するべきでしょうか?この記事では両者のメリット・デメリットから比較検討します。修理依頼の参考にしてください。

時計の修理を正規のメーカーに依頼するメリット・デメリット

高級時計や愛着のある時計は、正規メーカーに修理を依頼する人が多いようです。メーカーは自社モデルの時計のみを扱い、修理すると同時に品質を落とさないことを目的としています。正規メーカーに依頼するメリットは主に3点、デメリットは2点ほど挙げられます。

正規メーカーに依頼するメリット

安心できる…正規メーカーは世界中で販売された自社の時計を、細部まで知り尽くしているようです。品質を落とさないための努力を惜しまないので、修理に関しては絶大な安心感と信頼感があります。

パーツが純正…必要なパーツはすべて純正品を使用します。正規メーカーは製造終了となった時計でも、一定期間パーツを所持していなければならないので、部品がない、部品が届かないという事態を極力避けられるようです。純正パーツのみで修理された時計は、基本的に資産価値が下がらないといわれています。

保証期間がつく…正規メーカーで修理した時計には新たに保証期間がつきます。メーカーから保証書や修理明細書が発行され、保証期間中のトラブルに備えられるでしょう。

正規メーカーに依頼するデメリット

費用が高い…正規メーカーの修理は民間の修理業者に比べて、費用が割高になります。自社の販売価格を目安にして修理代金を算出するので、高額の商品であるほど高くなるようです。

納期が遅い…メーカーの修理は納期までおよそ2週間から1か月程度かかります。海外メーカーでは本国でしか修理できないケースがあり、ときには半年近くかかってしまいます。

時計の修理を民間の専門業者に依頼するメリット・デメリット

時計修理を依頼する民間業者は数多く存在するようです。ありがたい反面、信頼に足る業者を探すことは困難であるともいわれます。民間修理業者に依頼するメリット・デメリットはそれぞれ2点挙げられます。

民間業者に依頼するメリット

費用が安い…民間業者は修理内容の難易度によって、費用を算出するようです。正規メーカーよりも費用は低めに設定されています。

納期が早い…民間の修理店は簡単な修理であれば、時計の持ち込み後、即対応してくれるケースもあります。修理内容にもよりますが、納期まで最短で1日、長くても1か月程度でしょう。

民間業者に修理依頼するデメリット

技術に差がある…民間業者では時計修理に関して、技術の差異があります。腕のよい時計職人がいる店舗を探さなければなりません。修理実績、インターネットの口コミなどを利用しましょう。

修理不可もあり得る…パーツの入手が困難であったり、時計職人のスキルが修理内容に対応できなかったりすると、修理不可能といわれることもあります。純正のパーツが使用できないと、再び故障の原因になりかねません。

起こりがちな時計のトラブル事例と修理費用の目安

時計は「動かなくなった」「電池が切れた」といった機械的トラブルや、「ぶつけた」「落とした」など、外的要因によるトラブルに見舞われます。トラブルによって時計の修理費用は大きく変わるので、一応の目安となる金額を把握しておきましょう。

動かなくなった!

クオーツ式の時計であれば、第一に電池切れが考えられます。クオーツ式の電池交換はおよそ1,000円から6,000円が目安です。機械式時計であれば機械内部の問題となるので、オーバーホール(分解清掃)が必要になるようです。

オーバーホールの費用は時計本体や業者によって大きく異なりますが、クオーツ式で1万5,000円以上、機械式で大体1万8,000円から2万5,000円と考えてください。正確な金額を把握するためには、業者から見積もりを取り寄せると有効です。

バンドが合わない!

腕時計のトラブルです。皮ベルトは穴を調整だけで済みますが、金属ベルトは交換が必要になる場合があります。金属ベルトの交換は約3,000円から5,000円が目安のようです。ブランド品の高級時計だとさらに高額になります。

ガラス(風防)が割れた!

外的要因によるトラブルです。ひびが入った、割れた状態となり、処置はガラスの研磨か交換となります。プラスチック素材の研磨はおよそ3,000円、交換になると8,000円が目安です。クリスタルガラス、サファイアガラスなどの素材は、ほぼ研磨できず交換となります。費用は約2万円です。

 

正規メーカーに時計の修理を依頼すると、品質面で安心できる反面、費用は高額になり、納期は長くかかります。民間の修理業者に依頼すると、費用は低く抑えられますが、信頼に足る腕のいい時計職人を探さなくてはなりません。時計への愛着、資産的価値を充分考えて、相応しい業者に依頼しましょう。

【東京】おすすめ時計修理店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名WATCH HOSPITALWATCH COMPANY時計修理工房 なんぼやCIEN(シエン)五十君商店
特徴まるで「時計の主治医」をもっているかのようなホスピタリティある時計修理店安心のオーバーホール低価格、原型維持技術に定評あり熟練の時計技師による確かなメンテナンスとおしゃれな店舗を展開時計専門店ならではのサービスで、コストを抑えながら修理依頼できる情緒感ある由緒正しい「老舗時計修理店」ならではの修理サービス
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧